どうか安らかな眠りにつけますように
愛犬クーちゃんが天国に行っちゃった。

12年間、一緒にいてくれてありがとう。

病気(心臓病とか)と戦いながらも生きてくれた。

キキは、クーを誇りに思うよ。

とても大切な家族の一員だった。

みんなに可愛がれて幸せやったよね。

幸せ者じゃなくて幸せ犬だね。

心の中で生き続けてるから、天国から見守ってて。

いつか、キキが死んだら天国でいっぱい遊ぼうね。

今でも大好きだよ・・クーちゃん☆

頑張ったから無理しなくていいんだよ。

         
       あなたと一緒にいて幸せだった

        幸せと感じる時を作って

        時には兄弟みたいに喧嘩して

         あなたと一緒にいれて

          私達は幸せだったよ

       あなたはここにいて幸せだった?

             ねぇ・・

        思い出がいっぱいありすぎて

          涙があふれてくるよ・・

             今まで

           「ありがとう」



12年間、一緒にいた時間は決して無駄ではなかった。

思い出は、2冊のアルバムに収めてるよ。

そして、キキの携帯にもいっぱい残してあるよ。

最後まで見届けることはできなくてごめんね・・。

病院で息を取ったんだ。

一昨日から、具合が悪くて入院したの。

肺に水が半分くらいたまってたみたい。

よっぽど苦しかったんだと思う。

今までは病気で入院は1度もなかったんだよ。

すごいよね!! 

病院の先生もすごいと言ってくださった。

天国はきっと広いから、いっぱい遊んでおいで。

ずっと空を見てるから、寂しくないよ。

クーがいなくて、すごい寂しいと思ってるのは、ママとパパだよ。

兄は、大学の時から家を出て行ったけど、帰ってきた日には遊んでくれたもんね。

祖父母から、好きなものをたくさん貰って可愛がってくれた。

あなたは幸せ犬だよ。

みんなからの愛情はずっと続く。

どうか安らかに眠ってください☆

          「ありがとう」

coo(1).jpg

スポンサーサイト
【 2007/09/27 13:35 】

| 愛犬あてへの手紙 | コメント(0) |
<<聖なる季節に恋したくなる | ホーム | あなたを追いかけて、さらに強く想う >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |