スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
君の傍にいて 他愛もない話をして この瞬間が幸せだった
                    遥か彼方にいる君を想い

                     指数え恋焦がれて

                     今宵も月を眺める

                     沈まぬ永遠の夢を

                   君はそこで待ってていいんだよ

                     秋桜を持って行くから


お久しぶりです。

中秋の名月は、綺麗に見れましたか?

次の中秋の名月は、8年後だそうですよ。

それまでは、欠けた名月を見ることになります。

8年後・・・うふふ。

話変わって、久しぶりに詩を書きました。

9月26日で、愛犬が亡くなって7年がたちました。

7年前のお別れは、今でも覚えてます。

冷たくなって重くなったあなたを抱えたことも。

26日の花は菊芋なのですが、私の好きな秋桜(27日の花)を持って会いに行きたいです。

愛犬の好きな花なんて分からないけど・・・。

いいんです、乙女の真心なの。

*詩の著作権は睦月キキに帰属いたします*
スポンサーサイト
【 2013/09/29 21:24 】

| | コメント(0) |
<<おいでなさい 私の可愛い駒鳥よ そう怖がらなくても・・・ | ホーム | このままでいいのかな よくわからないんだ ぶっ壊したくなる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。